スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくらのしょうゆ漬け

いくらのしょうゆ漬けです。

生筋子が近くのスーパーで100グラム¥295で売り出してたので買ってきました!!

ウチの子供達は大好きなんです、いくらのしょうゆ漬け。

食欲の秋(年中食欲は旺盛ですが)

と、いう事で毎年恒例で俺が作ります。

ま・ず・は・・・

毎年使っている年期のはいった金網登場。(毎年この時期にしか登場できません)
IMG_0352_convert_20110922172307.jpg

この金網を使って筋子をバラバラにほぐしていきます。

金網の下にボールかなんかを置いて金網の上から軽いチカラで筋子の卵がほぐれるようにこすっていきます。

これでやるとキレイに、しかもあっというまにほぐせますね。

冷水につけながら手でほぐす方もいますが、コッチの方が手が冷たくなりません。又、50~60℃のお湯につけてほぐす方もこれまたいると思いますが、お湯でやると筋子が白くなり、皮がかたくなってしまっておすすめしません。もしお湯でやるなら白くなってしまったあとに塩を入れた冷水であらうと少し色は戻りますが。

IMG_0349_convert_20110922172336.jpg

で、金網を使って筋子をほぐし終わったら、冷水で何度か洗います。細かい筋のゴミや生臭さが少しとれます。

それが済んだら醤油に漬けます。

醤油の量はいくらがヒタヒタに浸かるくらい。この時点でお酒やみりんを入れるご家庭もあるかと思います。

醤油やみりんを入れるといくらの皮が少し硬くなってプチプチした食感になりやすいです。

俺も昔はお酒を入れてました。が子供達が良く食べるので、柔らかいいくらが好きなのと、酒臭いのが嫌われるので今回は醤油のみで漬けます。


IMG_0350_convert_20110922172413.jpg

いくらを入れる容器を熱湯消毒します。これはキチンとしておいた方がいいですよ。ま、ウチの場合は傷む前にあっというまになくなっちゃいますが。熱湯消毒したら容器を冷ましていくらを詰めます。

IMG_0351_convert_20110922172506.jpg

で、完成!!

すぐ食べたいせっかちさんは2~3時間漬ければ食べられます。が、2日目の方がおいしく浸かってますよん。

IMG_0353_convert_20110922172525.jpg

今回は2瓶作ったから、1個は浸かったらすぐ食べて、もう1個は冷凍します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。