スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅スタジオ

自宅でレコーディング

IMG_0040_convert_20111130013211.jpg

自宅で俺のテリトリーはガレージかベッドの上くらいしかありません。

普段自宅で練習しようと思ったら、小さい電池駆動のミニピアノくらいでしか練習できません。しかも、ヘッドフォン使用で。居間では邪魔にされて(テレビ前でみんなゴロゴロしたり、ダイニングでは勉強してたり・・・)いるので、なかなか快適な俺だけの空間はないんです。(ガレージは寒すぎて死んじゃう)

で、ベッドの上って訳。実はブログの更新をはじめ、パソコンの作業はほとんどベッド上でこなしてます。

は~、お父さんはツライ・・・って落ち込むタマではないですがね!!

ま、そんなのはどーでもイイ事なんですが、ずっとやろうと思ってたけどできなかった作業をちょいとやりました。

本格的なレコーディングなんて機材がウチにないから無理なんですが、とりあえず、簡単なカラオケっぽい程度のもんなら手持ちの機材で打ち込みで出来ちゃうんで、今回はそれをやったんです。

俺が普段演奏してるキーボードってのは色々と種類があって、みんな当然機能が違う。ピアノやらオルガンやら、シンセサイザーやらワークステーションやら、MIDIキーボードやら。

今回はKORGというメーカーのmicroSTATIONという機材。コイツはちっさいけど優れもの!!ワークステーションという分類になるキーボードです。シーケンサーという機能が付いていて、機械の内部だけで録音、編集ができる機械なんです。

ホント、俺みたいに自分のスペースが少ない人には助かるわ。

これをMacに接続してレコーディングします。ま、作りたい曲が多いし、デモテープ程度でいいんで完成度はそれなりですが、ドラムトラックとか細部にこだわらずに簡単にやればそこそこ曲っぽいカンジのものは簡単にできちゃいます。とりあえず1時間半くらいで2曲打ち込んでみた。「花衣と桜雨」と「WEEKENDS」

面倒くさいからドラムはループで、あとは鍵盤で1トラックずつパートごとに打ち込み。で、簡単にチョチョイとミキシングしてってカンジで作成。

IMG_0041_convert_20111130013252.jpg

パソコン画面はこんなカンジ。パソコンなくても、基本的には同じ作業はできますが、あったほうが断然作業が早いっ!!特にミキシング以降の調整が。ま、あんまりイジってないけどね・・・

で、優れている点がもうひとつ。microSTATION本体で直接SDカードにデータをメモリーしておけるんです。

これは作業を再会する時データを読み込めばすぐに続きができるし、データの管理がとても効率的に、しかも、楽チンで安上がりにできるのでありがたいです。

そんなこんなで、ベッドの上に座って、自分の膝の上だけでレコーディングしてみたヒロキちゃんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。