スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター修理

Fender Japan stratocaster

まこちゃんのストラトさんです。

ず~っと自宅にあったのを、最近スタジオに持ってきていて、誰にも弾かれず置いてありました。

弾かれなかった理由は、「弾きづらい」「チューニングがあわない」等。

自宅でも放置され、スタジオでも放置され、かわいそうなストラトさん・・・

そして、ホコリは溜まっているわ、ところどころ錆びてるわ・・・

で、持ち帰ってクリーニング&調整することにしました。

まずは分解。

IMG_0143_convert_20120424211623.jpg

ネックはもちろん、細かいパーツも外してキレイにお掃除。メッキパーツはかなり傷んでいるので、磨いても新品のようにはなりませんでしたが、それでもかなりキレイになりました。

そんで、肝心なのがチューニングが合わないという症状。

ネックがだいぶ反ってるんです。(順反り)なんで弦高も高い。こりゃ弾きづらくて当然。

ネックを調整するのにトラスロッドを回すのが普通なんですが、これがもう限界まで回っており調整が出来ません・・・

こりゃどうしたもんか?

まず、トラスロッド自体も効いてるんだかどうだかわからない状態でしたので、とりあえず全部緩めます。

で、少々チカラ技。アイロン修正という方法をとりますが、当然そんな道具はありません。ので、ウチにあるもので似たような方法になるようにセッティングし、ストーブの熱を利用してネックをまっすぐになるように矯正しました。

トラスロッドも調整幅が全くないのでどうにかせんといかん。ま、基本的にトラスロッドが機能しないなら、もうあきらめた方が早いんだけどねぇ。ようするにネジを回してロッドを引っ張ってテンションかけられればいいんだからワッシャーをかまして回してみたの。そしたらちょいと調整できたんです。

なんやかんやで、ネックはほぼまっすぐになりました!!

あとは、全てのパーツを組み上げて、弦を張り、弦高の調整、オクターブピッチ調整などを終了し、ようやく完成。

IMG_0144_convert_20120424211651.jpg

ピカピカになって、しかも弾きやすく、チューニングも勿論狂わない。

いいギターに生まれ変わりましたっ!! 

カッコイイっ!!
スポンサーサイト

コメント

#323 No title

まこっちゃんそんなギター持ってたんだ・・・
弾きに行きたいなあ~

#324 No title

だいぢへ
なかなか良いギターですよ。修理前は全然鳴りも悪くてひどいギターだなぁと思ってたけど、組み直してみたらけっこう鳴るようになったと思います。俺も早くマーシャルで鳴らしてみたい。

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。