スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス君、また修理。

バス君壊れました。

え~、今回はイグニッションスイッチですな。鍵を入れて回してもアクセサリー電源も入らないし、当然セルモーターも始動しなくなってしまいました。

じつは、いつもあるんです。こーいうことが。で、いつもはキーシリンダーについてる配線が外れちゃってこういう症状がでるんですが、今回は重傷でした。

まずはいつも通りキーシリンダーを外してチェックします。でも配線はゼンゼン外れていない・・・

「あれ?」

こりゃ、とうとう中身がイカレタらしい。

とりあえず直せるかも知れないと思い、キーシリンダーを分解してみます。

IMG_0170_convert_20120522204643.jpg

中身の写真撮るの忘れたから画像はないけど、中身はグシャグシャに腐っておりました。金属はサビてるし、樹脂のプラスティック部分もボロボロに朽ちている・・・

こりゃどーにもならないので、仕方なくメリーメーカーに部品を注文しました。さすがに在庫はなくて、すぐには届かなかったけど、それでも2日後には届きました。

IMG_0174_convert_20120522204749.jpg

新品の部品は¥3,400です。こういう風に壊れては新しい鍵に変えていくから旧車は1台で鍵が2本や3本あるクルマばかりなんですよね。でも・・・

なぜか新しくなった鍵でもドアが開いちゃうんです。なんででしょう?昔の鍵でエンジンはかけられないのに!!なんだかオイラのバス君のドアは、鍵はどんな鍵でも開きそうな勢いですわ。

結局鍵の本数は今まで通りで変わらずです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。