スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材紹介 ~鍵盤篇~

HAMMOND XK-3C
xk_3c_convert_20100205223240.jpg
管理者ヒロちゃんの愛機です。いわゆるオルガンです。その昔ディープパープルのジョンおじさまが使用していたメーカーの現代版お手軽オルガン。シュワシュワー!ドロドロビャーッ!って音を出したくて購入。ハモンドオルガンは1934年にローレンス・ハモンドによって発明されました。いまでも現役で昔のデカイ図体のオルガンがプロアーティストによって演奏されることもあります。そんなの高くて(何百万もする)買えないワ。って人のためのポータブルサイズです。この娘はだいたい\250.000くらい。レスリー3300Wと一緒に買ったから値段良くわからん。ちなみにレスリーと合わせて新品で\480.000で購入。

HAMMOND XB-1
1_convert_20100205223326.jpg
XB-1はXK-3C以前から使用の前愛機。もうかれこれ衝動買いをしてから10年選手です。コイツで今までのRiskyの楽曲を編曲してきました。コイツにエフェクターかけてブイブイいわしたもんです。XK-3Cの登場ですっかり影が薄くなりましたがコイツで作ったピョンピョン跳ねる系の音が好きなのでどこかで使用したいと思っています。\128.000

HAMMOND 44
hammond_44_dw_convert_20100205223618.jpg
これは鍵盤ハーモニカです。生意気にHAMMOND製。ピックアップ(マイクです)がついているため、アンプを繋げばそら恐ろしい音量で演奏することもできる飛び道具。こーんなスゴい鍵盤ハーモニカ、他にはありましぇん。弱みはよだれでベロベロになる事。いまだ登場の機会なしの\50.000くらい。

ensoniq KS32
Ensoniq_KS32_sm_convert_20100205223546.jpg
アメリカ生まれのシンセサイザーです。が、大味ではなく意外にキレイな音でお気に入りのキーボードです。ピアノタッチ風の弾き具合で、私のように偽ピアニストにはピアノの音で弾いてると心地良く弾けちゃうキーボードなんです。最近はピアノは全部コイツまかせにしています。発売当時のお値段、驚きの\320.000

YAMAHA DX7S
dx7_convert_20100205223442.jpg
1980年代シンセサイザー往年の名器と言われる"DX7"の安いバージョンです。が良い楽器です。DX7と言えば小◯哲哉が使用してました。1980年代のダンス系っぽい音やデジタルピアノの音が気に入ってます。キラキラしたカンジの音が得意なシンセで、なにより本家のDX7よりも軽いっ!(DX7鉄製?で重いのよ)これが決め手です。安いバージョンとはいえ当時の定価は\168.000 ん~高いわ。

KORG M1
korg-m1_convert_20100205223751.jpg
さて、お次もシンセサイザー界でその名も轟かせた名器のひとつ、M1です。世間ではコイツの登場によってかなりの数のDX7がライブ会場から消えました。いわゆるオールインワンシンセの出始めのヤツでいろんな音が作れて、これまたいい音出すのよ。なんせ万能選手っ!。私の所ではensoniqが来るまではピアノの音はコイツで鳴らしてました。今はM1本来の得意なストリングス系の音を担当してくれています。発売当時これまた高い\248.000

ROLAND JV30
jv30_convert_20100205223656.jpg
この娘は一番長いおつきあいのシンセサイザーです。20代の頃オールディーズのバンドをやっていた時からの機材で、お金が無かったからコイツでピアノやオルガン、ストリングスやホーンセクションの音まで色々と試行錯誤の上に作って演奏していました。(オルガンの音なんかは今ではとても使えない…)今でもとてもつかいやすくて重宝しています。現在のパートはホーンセクション担当。ただで頂いた物ですが、当時は買うと\118.000もしました。

YAMAHA CP10
CF9EE06754A5440CBBEA76963352FF65_12001_convert_20100205224445.jpg
YAMAHAの昔のデジタルピアノです。今はJ、Jのところに生息しています。ハープシーコードという楽器の音のために中古で購入。購入の決め手はルックス(やっぱり…)です。木製ボディーが大好きなもんで。そのうち登場させたいけどムリかな?他の楽器で代用できちゃうから。ゴメンネCP10。発売当時の価格は\104.790也


YAMAHA PSR500
psr500_convert_20100205224119.gif
これはファミリーキーボードみたいなもんです。今まで紹介したシンセサイザーという品々はアンプというスピーカーが無いと基本、音が出せません。このPSRはスピーカー内蔵で、おまけに電池駆動できるという便利なヤツっ!このキーボードでも昔はライブしてました。なんせ持ち出しやすいもんだから海だろうが山だろうが連れ回しすぎて壊れ気味…今は妹のちーのウチに居候中。当時の正確な価格忘れた\70.000くらいだったかな?まあ中島公園のYAMAHAでおねーちゃん相手に新品を値切って\50.000で10年くらい前に購入。

YAMAHA PSR37
21533-2-1-49301_convert_20100205224343.jpg
これはなんで俺の持ちキーボードになったか不明(忘れた)のPSR-37。お子様仕様の鍵盤です。軽く遊びで弾くにはこれ以上の機能は必要ありません。オモチャみたいですがいろんな音が出て楽しめます。価格?そんなもん知らねー。ここまで書いてきたからもう調べるの疲れたワ。価格以上に使用されているのは確かなんでモトはとってる筈です。

このほかにアコーディオンも所有しております。
細かいことを書いていくと長くなるからこんなモンでやめときます。まあこんなカンジで他のメンバーの機材もボチボチ紹介して行きますね。次回はPAという機材について紹介します。

100202_2313~01100202_2314~01100202_2314~02100202_2315~01
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。